宮城県仙台市、臨済宗妙心寺派 少林山保春院のウェブサイトです。

拙語(せつご)

2016/06/29 (水)

読み下し
     保春創建す政宗公
     絢爛たる伽藍如同を絶す
     業火重重灰燼に帰す
     今辰再現して本堂嵩し           
                               天授小住
                                      令敏 九拜
                               定中昭鑑     

 これは去る九月一日に挙行された御寺院様対象の本堂落成慶讃法要で、導師を務められた大本山妙心寺内にあるお寺、天授院(専門道場)のご住職の雪丸 令敏 老大師が唱えられた祝語(お祝いの漢詩)です。

 老大師直筆の書状に解釈文が添えられていましたのでご紹介致します。

「保春院を政宗公が創建して、きらびやかな伽藍は  比べものがなかった。しかしたび重なる火災で灰  燼に帰してしまった。幸い今日再現出来た本堂が  高く聳えている。」 

 七月六日の梅雨晴れの落成慶讃法要にも大勢の檀家様等にお集まりいただきました。今回は近隣の和尚様はじめ本山の和尚様、住職及び副住職が修行時代にお世話になった和尚様、更には東日本大震災の復興支援活動、ボランティア活動がきっかけでご縁を頂いた和尚様等々約一四〇名の和尚様方に読経を賜り、盛大に法要を執り行う事が出来ました。また、伊達家御当主伊達泰宗様を筆頭に来賓の方々を迎え広く内外の方々に本堂の再建を御報告をする事が出来ました。

 更には雪降る中や酷暑の中で、この大事業に御精進いただいた京都三林工務店全従業員にも参加していただき、その御苦労をねぎらう事が出来ました。

  落成慶讃法要とは、信仰心の下で多くの浄財が集まり、それぞれの寺社仏閣が建設され、その後初めて執り行う法要です。保春院の再建に際し、檀徒の方々以外にも、沢山の方々のご協力とご支援を頂きました。

 皆様方の御協力に対し、心より厚く御礼を申し上げます。誠に有難う御座いました。

境内案内

本堂 - HONDO -

平成26年に落成した禅宗方丈様式の本堂です。本尊「聖観世音菩薩」と、伊達政宗公ご両親のお位牌を安置しています。また、民間信仰として古くから伝わる不動明王「牡丹餅不動」も安置しています。

蔭涼軒 - INRYOKEN -

本堂再建の際に仮本堂として建てられ、東日本大震災の時には避難所にもなりました。檀徒の方を優先に、地域の方にも通夜会館、諸会議、展示会等でご活用いただけます。また、各種研修も受け入れています。

山門 - SANMON -

開山 清嶽和尚さま350年遠諱、保春院殿370遠年忌の記念事業として、建設されました。現在は瓦の破損と雨漏りによる腐敗のため解体保存中です。

位牌堂 - IHAIDO -

安置を希望する檀徒の位牌を預かる場所です。永代供養のための位牌も安置しています。

永代供養塔(三界萬霊塔) - EIDAI KUYOUTO -

後継者がいない方、墓じまいの方の為の合同永代供養墓です。年に一度、合同法要を行います。一般の方もご利用できますので、詳しくはお寺までお問い合わせ下さい。

動物霊園 - DOBUTSU REIEN -

家族の一員として一緒に生活してきた動物のお墓です。毎年春に合同法要を開催しています。 近隣の方もご利用できますので、詳しくはお寺までお問い合わせ下さい。

茶室(一華庵:いっけあん) - CHASHITSU -

宮城刑務所で亡くなられた方を供養するために建てられた茶室で、保春院に移築されました。現在は老朽化が進行したため、解体保存中です。

白山神社 - HAKUSAN JINJYA -

保春院の境内にある神社です。正式名称は「白山妙理大権現」といい、毎年春には例大祭が行われています。

↑ PAGE TOP